病院内

説明方法が重要な鍵

病院内のイス

近年、うつ病の患者数は増加傾向にあり、社会生活において多大なストレスを感じていることが要因と考えられえています。今までは楽しめていた趣味などにも興味や関心を示さなくなり、睡眠障害を引き起こすことで慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。食欲や性欲といった人間が持っている欲求が低下することで、急激な体重の減少や勃起障害を引き起こすケースもあります。妄想に囚われるなどの症状が現れだし、自分の価値を生きることで見いだせなくなってしまいます。そのため、うつ病が原因で自殺を図る人も少なくありません。うつ病は脳の伝達機能が正常に稼働しないことでも引き起こされます。また、うつ病と一概に言ってもうつの種類は様々で、発症してしまいやすい性格も種類によって違いがあります。しかし、うつ病の治療は種類に関係無く行うことができます。うつ病が絶対に治る病気だと認識することが大事です。治る可能性が無いと一度でも捉えてしまうと、うつ病の進行をさらに進めてしまうことになります。前向きに治療に臨むことでより高い効果を発揮するのです。

うつ病の治療は服薬治療が用いられます。睡眠安定剤や精神安定剤を処方することが一般的ですが、間違った服用をしないようしっかりとした正しい服薬指導が医師や薬剤師により行われます。また、うつ病の治療は長期的に行われるため、効果が現れだすのが緩やかです。副作用が強い薬も処方することがあるため、効果の実感よりも先に副作用に悩まされることが多いです。うつ病患者は身体的にも精神的に弱っていることが多いため、副作用に対しても強いストレスを感じてしまうことがあります。悲観的になり、効果が現れないのは自分のせいだと服薬治療を悪い方へ受け止めてしまうケースもあります。服薬治療は緩やかですが、必ず効果を得ることができます。そのためには服薬への正しい理解と服用方法が大切なのです。うつ病患者への服薬治療に関して重大な注意点は、一気に大量の薬を服用しないことです。間違った量は命に関わるため、大変危険な行為です。しかし、病気に対しての認識ができない患者の服薬治療に関しては、側で支えてくれるサポート役が必要となってくるのです。