病院内

お薬手帳の意義

手の平に薬

自分の服薬している薬がどのようなものなのか、医師や薬剤師、そして患者本人が情報を共有することはとても大切なことです。病気や症状によっては服薬治療を中心に治療を進めていくケースも多いため、どのような症状に有効な薬なのかを知る必要があります。また、服薬には多少のリスクが生じます。薬は副作用という好ましくない反応を返すものがあります。人によっては軽度で済むこともありますが、副作用の反応が重く、日常生活をおくれないほどの場合には、薬を改めて見直す必要が出て来ます。自分の服用している薬がどのようなものなのか、また、家族間や非常事態の際でも薬の情報を明確にするために、お薬手帳というものが作られています。お薬手帳には、服薬している薬の名前だけではなく、服用している量や薬がもたらす効果や副作用などを記録することができます。既往歴なども同時に記録することができ、自分の服用している薬の情報を知らせることができます。

お薬手帳は一冊に纏めて使用することが一般的です。今では医療機関などで薬の処方を行ってもらう際にも利用することが多く、特に医師に掛かることが多い高齢者などは持っている人が多いです。薬の情報が記載されていることで、薬の飲み合わせや副作用の悪化を防ぐことができます。過去に自分がかかった病気の薬を詳しく覚えている人は意外と少ないです。お薬手帳に記録しておくことで、医師や薬剤師に正しい情報を伝えることができるようになります。また、過去に服用した薬で合わなかったものがあった場合、処方されることを防ぐことにも繋がります。持病を抱えている人にとっては、旅先での体調不良はとても怖いものです。いつも受診している病院でないと不安だと感じる人も少なく無いでしょう。しかし、お薬手帳があることで、安心して自分の症状を伝えることができますし、医療機関側も処置を行ないやすくなります。また、薬局などで市販薬やサプリを購入する場合でも、お薬手帳を提示して薬剤師からアドバイスを受けることもできるので非常に便利です。